マッチルームスポーツが「Global nineball ranking system」を発表!

 

2021/12

 

schedule

 

…………………………

 

MATCHROOM LAUNCH GLOBAL NINEBALL RANKING SYSTEM FOR POOL

 

 

 イギリスのイベントプロモーター、マッチルームスポーツが「Global nineball ranking system」を発表しました。マッチルームスポーツが2022年に開催予定の8つの9ボールイベントに、ユーロツアー、International 9-ball openなどの国際大会を加えて、年間を通したスケジュールが組まれます。各イベントは「Blue Ribbon」「Major」「Ranking Event」「Non Ranking」の4つのカテゴリーに振り分けられ、スケジュールには11のランキング対象イベントが公開されています。今後、対象試合が増減する可能性もあるそうです。最上位の「Blue Ribbon」には、4月の「9ボール世界選手権」と10月の「USオープン」が入っています。

 

 

 

 

 色々と興味深い発表です。まず発表の冒頭に、「sanctioned by the World Pool Billiard Association」とあるように、WPAやWPAランキングと対立する意図はないようです。(注:1月12日の段階で、WPA側からの発表はありません) 今回のランキングは、対象試合を9ボールに絞ったところに特徴があります。なので、10ボール世界選手権や、同じく10ボール開催のクレムリンカップ、US pro billiard seriesなどはスケジュールに組み込まれていません。また、現時点ではアジアや中東開催の大会は入っていません。

 

 

2022&2023 RANKINGS

 

 

2022 SCHEDULE

 

 

 マッチルームスポーツは昨年、「Matchroom Pool World Rankings」を再開しました。2022年に関しては一年を通じてこのランキングから上位32名にシード権が与えられるそうです。日本からは大井直幸(Kokokarada)が7位に入っています。大井は既に再渡米していて、1月12日スタートの「US Pro Billiard Series 第1戦“アリゾナ・オープン”」にエントリーがあります。2022年が大井にとって飛躍の年になりますように。

 

 

 

 

 この発表に合わせて、「Championship league pool」が「Premier league pool」に改称され、フォーマットも変更になったことと、11月にドイツで「Europeanオープン」が開催になることも公開されています。「Premier league pool」は「World Pool Masters」「World Cup of Pool」「モスコーニカップ」と共にランキング対象外です。「Europeanオープン」は「Major」として開催されます。ちなみに、日程が全日本選手権とモロ被りです。

 

 

PREMIER LEAGUE POOL TO REPLACE CHAMPIONSHIP LEAGUE POOL: EXPLAINED

 

 

 「点」から「線」へ。これまでのビリヤード大会は世界選手権やUSオープンなどの「点」が注目されることはあっても、年間を通じての流れはどうしても途切れがちでした。今回こうした形で15のイベントが一本の線を繋ぐことが出来れば、来年以降は更なる発展が望めるかもしれません。これからもマッチルームスポーツのアクションを注視していきたいと思います。出来ることならば、いくつかの大会の現地取材に行ってみたいですね。

 

 

Facebook:Matchroom Pool

 

 

 

 

…………………………

 

…………………………

 

 

 

 

 

schedule

 

…………………………

 

メッズMEZZ URビリヤード

アダム プロショップUSA

ニューアート プレデター

キューショップ プロショップ セントラル

「On the hill !」広告バナー募集中! キースアンディ

羅立文 「On the hill !」広告バナー募集中!

ケーズリンク メッカ

ココカラダ 早川工房

アンセーズ オレンジライン

アマ連 キャロムJPBF

ポケットJPBA horieya.jpg

 

 

1209-2021-@@@@

 

 

新着情報
アーカイブ